小児歯科

強いきれいな歯を一生保つには、小児期に最も重要な要素が秘められています。この時期の育児の誤り、特に食生活を中心とした生活リズムの乱れは、口の健康に大きな影響をおよぼします。すなわち、沢山のむし歯や噛む力の未発達、さらに口元を中心とした顔の表情までをも変えてしまいます。これらの事柄は、そのまま大人まで続き、その人の人生に何らかの影響を及ぼすといっても過言ではないでしょう。 “三つ子の魂・・・・”のたとえのように幼い時から、お口の健康を大切にすることはとても大事なことです。
 
当院ではお子様に早くから歯医者の雰囲気に慣れていただき、怖いイメージをなくすよう努力しております。
この慣れの積み重ねが今後の予防的治療に活きていくと感じます。ご両親の協力もさることながら必要と感じますが、よろしくお願いいたします。
治療は主に、虫歯治療やフッ素塗布やシーラントなどの虫歯予防を行います。

 
 

シーラント
噛む溝はむし歯ができやすいため予防的に溝をシールする方法があります。この方法は簡単で、削るのと違い痛みをともないません。 しかし、時々シールの一部がはげたり折れたりしやすいため、定期的にチェックを受けましょう。
 
フッ素塗布
歯の一番外側は、エナメル質というものでできています。このエナメル質は、とてもかたいのですが、酸には弱く、むし歯の細菌が糖分を酸にかえてエナメル質を溶かします。
歯のはえはじめのころは、エナメル質は充分成熟しておらず、この時期にフッ素を塗ると、酸に対してより強いエナメル質に変えることができます。
 
子供は治療しないのが一番の治療
小児期の歯の治療は子供にとって精神的にかなりの負担になります。この時期のいやな思い出は一生続くもので、その後、歯医者さんがきらいになり治療ができなくなったりもします。そうならないためにも、子供には定期的な検診と定期的なフッ素塗布はかかせないものと言えましょう。
むし歯を作らないように、しっかりと管理してあげるのが子供にとって一番の治療なのです。
 
MFT(口腔筋機能訓練)
歯列矯正が歯列不正を改善できる唯一の方法ではありません。乳幼児期からの生活習慣を見直すことによって、歯列の発育が良い方向に誘導されることがあります。
 
MFT(口腔筋機能訓練)とは、顔面と歯並びにおける、機能と形態のバランスを整え、成長期の不正を早期発見して正しい方向に導き、歯列を取り巻く筋肉の機能を改善する訓練法です。お口周りの筋肉の動かし方のトレーニングや、生活習慣の乱れを正すことで、正しい咀嚼、嚥下、発音、呼吸、姿勢の獲得を目標とします。日常において、患者様や親御様の協力がとても大切です。
 
専門医は常勤しておりませんので、アドバイスを聞いてみたい方はスタッフまでお知らせ下さい。
 

 
 

一般歯科小児歯科インプラント審美歯科口腔外科
診療項目

 

ページ上部へ戻る